映画レビュー 「マトリックス」

オススメ度 ★★★★★

日本公開は1999年、もう古い映画の部類だ。歳をとるわけだ。続編の製作が決まったとの報道で、もう一度観ようと思った。

今、現実と思っているこの世界の実体が、マトリックスだろうが違う何かだろうが、気がつかなければ何だって同じだ。現実と思っているこの世界が、何か別の次元の大きな世界から支配されている存在だと感じた事はないだろうか。冒頭でモーフィアスがネオにそのような事を言っていたが、ようやく、そうだよなと合点がいくようになった。

この宇宙はビッグバンから始まったというが、その前は何が存在していたのか。このビッグバンの誕生から消滅までを観察している何かが存在しないと言い切れるか。もし、そのような存在が、この宇宙で起きている事をコントロールできるとしたら?

この世界を上の次元から眺めていて、そこで起こる事象に介入できる何者かがいるとしたら、それは多分、神と呼ばれるに相応しいのだろう。マトリックスの住民たちは、それを支配しているマシンの存在を、おぼろげに神のような存在として感じているのかもしれない。

マトリックス(映画) – Wikipedia

映画レビュー 「コンスタンティン」

オススメ度 ★★★☆☆

レイチェル・ワイズさんをよく知らなかったので、あれ、メドベージェワさん出てる?って思った。本当に似てる。でも違うけど。

ガブリエル役のティルダ・スウィントンさんはどこかで観たことあると思ったら、Dr.ストレンジのお師匠さんだった。

ジョンのタバコの吸いっぷりがものすごく良いので、タバコをやめて20年以上経つけど、吸うシーンの度に自分の肺が汚れていく気がした。こういうのは本当に何か害があるんじゃないかと思ってしまう。タバコをやめたい人は観たほうがいい、と思える表現が沢山ある。

天国と地獄というのは、両極端過ぎて受け入れ難い。天国が普通で、地獄がレアケースだとしても、地獄で受けるであろう仕打ちのイメージが悪すぎる気がする。刑務所くらいのところで、刑期が終われば天国に行けるのであればわかるけど、そうじゃないよね。まあ、私は無宗教者なのでこれくらいにしよう。

コンスタンティン2の話があるらしい。ハーフブリードになった誰かさんも出てくるのかな。楽しみに待つとしよう。

コンスタンティン – Wikipedia