映画レビュー 「バーレスク」

オススメ度 ★★★★★

まったくのノーマークだったところ、カミさんが観たいというので観たところが大ハマり。Amazonで購入して、何度も観ている。

クリスティーナ・アギレラは本作で知った。何というパワフルなボーカルであろうか。ニッキのイタズラによって、ステージでボーカルを初披露して、スタッフを含めた全員の度肝を抜いて拍手喝采のシーンは、ちょっと元気を出したい時にそこだけ再生している。

田舎から出てきて、バックコーラスの仕事の口を探して求人広告にバツをつけていくシーンがあるけど、あんなに歌唱力あるなら初めからレコード会社にデモテープ(今はデモCD?)持って行った方が良かったんじゃないかと思ってしまう。

冒頭のテスが歌う「welcome to burlesque」は、歌もダンスも圧巻だけど、サビのオカズを気持ちよさそうに叩いているドラマーに共感したくなる。

ここの歌詞のふりがな参考になる。

welaome to burlesqueの歌詞のふりがな – Y!知恵袋

ダンサーの衣装がセクシー過ぎるので、電車で観るのは少し気がひけるが、何回でも観られる、超オススメの映画である。

バーレスク(映画) – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA