映画レビュー 「エクス・マキナ」

オススメ度 ★★★☆☆

ほぼ、人里離れたシンプルで美しい研究所内でストーリーは進み、登場人物も少ないが、複雑な神経戦が展開される。音楽も含めて全体に凛とした美しさがある。

ゲストのケイレブ役にドーナル・グリーソンさん、社長のネイサン役にオスカー・アイザックさん。なんとこの組み合わせは、STAR WARSのハックス将軍とポー・ダメロンではないか。この二人が「最後のジェダイ」の冒頭で愉快な無線での会話をしていたと思うと、実に微笑ましい。ネイサンはとても立派な髭面で眼鏡なので、一目でポーだと分かる人は少ないだろう。

この作品の時代が明示されていないが、ケイレブのAIロボットへの反応を見れば現代(2019年)とそれほどかけ離れていないと思われる。この社長はAIロボットを世に出すことに余程慎重なのだろう。テストなんかしてないで早く発表しなさい。驚くべき完成度だ。

続編の話はないのだろうか。あるのなら、とても楽しみである。

エクス・マキナ – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA