映画レビュー 「バーレスク」

オススメ度 ★★★★★

まったくのノーマークだったところ、カミさんが観たいというので観たところが大ハマり。Amazonで購入して、何度も観ている。

クリスティーナ・アギレラは本作で知った。何というパワフルなボーカルであろうか。ニッキのイタズラによって、ステージでボーカルを初披露して、スタッフを含めた全員の度肝を抜いて拍手喝采のシーンは、ちょっと元気を出したい時にそこだけ再生している。

田舎から出てきて、バックコーラスの仕事の口を探して求人広告にバツをつけていくシーンがあるけど、あんなに歌唱力あるなら初めからレコード会社にデモテープ(今はデモCD?)持って行った方が良かったんじゃないかと思ってしまう。

冒頭のテスが歌う「welcome to burlesque」は、歌もダンスも圧巻だけど、サビのオカズを気持ちよさそうに叩いているドラマーに共感したくなる。

ここの歌詞のふりがな参考になる。

welaome to burlesqueの歌詞のふりがな – Y!知恵袋

ダンサーの衣装がセクシー過ぎるので、電車で観るのは少し気がひけるが、何回でも観られる、超オススメの映画である。

バーレスク(映画) – Wikipedia

映画レビュー 「マトリックス」

オススメ度 ★★★★★

日本公開は1999年、もう古い映画の部類だ。歳をとるわけだ。続編の製作が決まったとの報道で、もう一度観ようと思った。

今、現実と思っているこの世界の実体が、マトリックスだろうが違う何かだろうが、気がつかなければ何だって同じだ。現実と思っているこの世界が、何か別の次元の大きな世界から支配されている存在だと感じた事はないだろうか。冒頭でモーフィアスがネオにそのような事を言っていたが、ようやく、そうだよなと合点がいくようになった。

この宇宙はビッグバンから始まったというが、その前は何が存在していたのか。このビッグバンの誕生から消滅までを観察している何かが存在しないと言い切れるか。もし、そのような存在が、この宇宙で起きている事をコントロールできるとしたら?

この世界を上の次元から眺めていて、そこで起こる事象に介入できる何者かがいるとしたら、それは多分、神と呼ばれるに相応しいのだろう。マトリックスの住民たちは、それを支配しているマシンの存在を、おぼろげに神のような存在として感じているのかもしれない。

マトリックス(映画) – Wikipedia